読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3分間モノローグ

3分以内でサクッとね。

腹筋が割れていると圧倒的にかっこいい

板チョコのようにくっきりとした

腹筋はかっこいい

 

努力なしに筋肉は作れない

そう、筋肉とは努力の結晶、可視化である

 

人間の努力は目には見えにくい

勉強にしろ何か得た成果にしろ、

口に出さないとなかなか伝わらない

 

しかしそれはなかなかかっこ悪いことじゃないか

いくら良い大学に入っていようが どんなに良い仕事についていようが

それを自分で誇示してしまうほどかっこ悪い事はない

 

その人の誇れるところとは、友人などが

本当にポロっと、「あいつって実は〜」なんだよね

と呟くのがかっこいいと思うのだ

 

しかし筋肉だと一目瞭然、はっきりとわかるのだ

良く言うだろう、「マッチョに悪い奴はいない」

、、、きっとそれは嘘だと思うが少ないのは確かだ

 

腹筋を50回やってみるとわかるが

いろんな悩みがどうでも良くなるのだ 

すごい些細な事に思えてくる

 

マッチョの笑顔が爽やかなのも筋トレで

心が浄化されているからなのだ

 

そしてどんなに嫌なことがあっても、

あるいは誰かにされても

「まあ、自分の方が強いしな(物理的に)」

と思えたら心に余裕が生まれる

 

これからちゃんと筋トレしよう

 

 

 

 

 

 

突然だが医学部に行こうと思う。

突然だが医学部に行こうと思う(タイトルを繰り返す)

恐らく周りからは就活が嫌すぎて

頭でもおかしくなったのではないかと思われるだろう。

 

しかし医者になりたいかと言われればそうでも無い。

とりあえず医学に興味が湧いたので医学を学んで見たい

 

とりあえず、どれ位おかしな事を言っているのか

いまのスペックを書いておく

所属:MARCHレベルの文系私大3年生 周りは就活中 21歳

数学:習った記憶ゼロ 一応高校では数Ⅱまでやっているが

   嫌いすぎて全て記憶から抹消された 

   √の計算が思い出せない サインコサインたんじぇんと?

   使い方を覚えていない

 

化学:水兵リーベ僕の船、なんたらかんたら、、 なんだっけこの呪文?

 

生物:脳下垂体は空耳で「お腹すいた」に聞こえね

   と高校生時代友達と盛り上がってた事しか覚えてない

 

英語:長文はまあまあ読める  文法ができない壊滅的にできない

 

 

以上の4教科で2年後の医学部受験を目指す。

狂ってるのか、自分。 

1日100回くらい、

狂ってるのか、自分?

と問いただしてみたけど、やっぱりやりたいみたいだ

 

ならやるしかないな。

昔からなのだ。自分でも何かやりたい事ができると

どうしても制御できなくなる。

 

普段道を歩いていて、この道は恐らく曲がらないだろうな、

この行動はしないだろうな、そう脳が予測すると

なぜかあえてその事をしてみたくなる。

自分の予想を裏切ってやりたくなる事が昔からあった。

 

想像のつく未来がとてつもなく恐くて

とてつもなく退屈に思えてしまうのだ

 

とりあえず三ヶ月前は選択肢に全くなかった道に

駒を進めてみようと思う。

 

大抵の事は才能以外の事で補えるはずだ

じゃないと困る

 

「人生における最も大きな喜びは君にはできないと世間がいう事をやってやる事である」 byウォルター・パジョット

ファイッ

 

3分間モノローグ

一般的な日本人が3分間で読める字数は大体

1000字前後 らしい。

 

カップ麺が出来るまでの3分間

次の駅までの3分間

勉強の合間の3分間

 

3分以内でサクッと読める、

そんなかんじに日々の記録付けをしてゆこうと思う。

 

ここまでで約100文字。

1,000字、意外と多いな。